本を読みはじめることが苦手な人に試してほしいこと|読むコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もりぽろです。

本を読むのは楽しいですよね。
読んでいない人は読んでみてください。
おっくうになって読みたくない人はコツを知れば楽しく読めるようになりますよ。

”最初に本の目次に目を通すこと”


読みはじめる前にまずすることは最初に本の目次に目を通すことです。

この目次を読むことさえできたなら,あなたはその本を読んだも同然です。
本の内容は目次に全て書いてあります。 次にしてほしいことはこれです。

”目次の気になる項目のページだけを読む”

他のところは読んではいけません。気になるページだけを読んでください
人は興味があることは忘れないし、もっと知りたくなるものです。
いつの間にか疑問がうかんできたり、他のページも読みたくなってきます。

もし、読んでみてつまらなければ、もう一度、他の気になるページを目次から見つけて読んでみてください。
そこも面白くないなら、また次の気になるページを探します。
最後には気になるページがなくなってしまっているはずです。

ここまでやって気になるページがない本だったなら、その本はあなたが読むべき本ではないです。
買ってしまった(借りてしまった)ことをしっかり後悔して、次はもっと面白い本を選びましょう。
面白い本を選ぶときのコツは読むコツと似ています。

”目次を読んで気になる項目があるなら買うまたは借りる”

このコツを知っていれば、面白い本を楽しくどんどん読めます。
そして一冊本を読めたなら次はもっと面白い本を見つけられるようになっています。

やってみればきっと分かります。
ぜひ、だまされたと思ってやってみてください。
これがウソだとしても本を読もうと努力したことに変わりはありません。

もりぽろでした。
(編集・イラスト もりけろ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする