チョコレート効果cacao86%でホットチョコレートミルクを作ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは、もりけろです。

前回、チョコレート効果cacao95%を使ってホットチョコレートミルクを作りました。
が、カカオが多すぎたためか溶け切らないという事態が発生しました。
詳しくはこちら↓
ホットチョコレートミルクの作り方|チョコレート効果

そこで、前回の反省を踏まえて「チョコレート効果cacao86%を使って、ホットチョコレートミルクを作ってみました♪

まずは、「明治のチョコレート効果cacao86%」の1枚当たりの糖質を計算しました。
1箱(70g)入りで、中には14枚入っていました。
1箱あたりの糖質は14.7 gですので、1枚当たりの糖質は1.1 gです!低糖質ですね^^

こちらのチョコレートをそのまま食べた感想は、苦いけど・・・ずっと口の中で溶かしているうちに甘さも感じられます
苦いのが苦手な方にはちょっと辛いかもしれません^^;
しかし95%に比べたら口どけもよく、ちゃんとチョコレートだと認識できます(^^)/
95%は溶けないし苦いし、ある意味すごかったですw

それではこちらのチョコレートを使ったホットチョコレートミルクの作り方をご紹介します。

☆材料 糖質 8.7 g
・牛乳・・・コップ1杯 150mLくらい(糖質 7.6 g)
・明治チョコレート効果 cacao86%・・・1枚(糖質 1.1 g)

写真にはチョコレートが2枚写っていますが、1枚のみ使用しました。
チョコレート感を出したい場合は、使用量を増やしてください^^

☆作り方
1.1.牛乳にチョコを入れます。袋から出してね。
2.電子レンジ700Wで1分半~2分ほどチンします。
(ご家庭のW数と相談してください)
3.チョコレートが溶けるように底からしっかり混ぜます。

完成です~(^◇^)

cacao95%よりもチョコレートはよく溶けているものの、やはり溶け残り?がありました。
30秒ほど追加で加熱しても同じ結果でした。
溶け切っていないチョコレートが牛乳の中に分散しています( ˘ω˘)

飲むと美味しいんですけどね(^^)/

チョコレート効果cacao86%には、1枚当たり136 ㎎のポリフェノールが含まれています。
そのままでは少し苦めのチョコレートですが、ホットチョコレートミルクにすることでとても食べ(?)やすくなります♪

ぜひお試しください(^◇^)もりけろでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 皆さんこんばんは、もりけろです。 昨日はチョコレート効果cacao86%を使ってホットチョコレートミルクを作りました。 記事はこちら⇒ホットチョコレートミルク|チョコレート効果cacao86% […]