【虫ネタ:閲覧注意】野菜に虫がいた場合の処理方法を考えました。虫が食べた野菜は美味しくて安全なハズさ(多分)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんばんは、もりけろです。

野菜は自然の中ですくすく育つので、虫がついていることがあります。
今回は野菜に虫がついていた話と、虫がついていた場合の対処方法を考えてみました。

※虫ネタなので閲覧注意です。虫ネタが苦手な方はご注意くださいm(__)m

油断禁物

先日、オクラ納豆を作ろうと思って
オクラのヘタ部分を切って板摺をして、茹でました。

ここまでは良かったんです。
いつも通り。
問題ナッシング。

ざるに上げて冷ました後、
2~3mm幅に調子よく切っていたときのこと、

オクラの中腹あたりに行きついたころ
断面の一部が黒くなりました。

調子よく切っていたので3回くらいは確実に切りました。

目を凝らすと・・・

なんと、芋虫だったのです(驚愕)
切っちゃったよ!!
ごめんよ虫さん(すでに死んでいたけど)

前にも切ったことがあるよ

昔、実家にいたころにも野菜とともに虫をぶった切ったことがあります。

今回は加熱した野菜の中に潜んでいた虫だったため死んで縮こまっていたのですが、
その時は生野菜の中に潜んでいたのです。

フレッシュな野菜とフレッシュな虫。

切った虫の断面がじゅるっとしていて
本当に鳥肌が立って気持ち悪くて気持ち悪くて

結構大きな虫だったのでその時はその野菜を処理続行することが出来ず、
家族に頼みました・・・。

人によってはその野菜を食べることが出来ないほどトラウマになってしまうようですが、
今ではその野菜はなんだったかなーと思い出せないほど私の神経は太めのようです。

色々な生き物がついている

野菜には芋虫以外の生き物がついていることがあります。

・ナメクジ
小松菜やキャベツやレタスなどにナメクジが潜んでいることがあります。
ぬめっとしたフォルムは害がないにせよ気持ちのいいものではありませんね。

・タニシ
ニラの束を買って処理しようとしたときに、何か根元の方に丸まってくっついているものを発見しました。
1㎝にも満たないような小さなサイズだったので虫?と思いつつ目を凝らすと、
何と小さな小さなタニシがくっついていました。

殻付きだったので難なく妹が回収し、
なんとしばらく育てていました(笑)

その他にもアブラムシやハエ、蛾、カタツムリ等・・・
小さくてうじゃうじゃ系はぞっとします。

放っておくと這い出てくる話

これまた昔の話、
妹が近所の方と栗拾いをしてきました。

そう、落ちている栗を拾ってきたのです。

栗には栗虫という虫がいることが多いのですが、
拾ってきた栗を早々に処理せず少しの間おいておきました。

ふと見てみると、栗が入っているカゴの周囲に何やら白い粒が散乱していました。

近づくと・・・そう、栗虫が栗から這い出ていたのです(T_T)鳥肌~~~

大物の虫がどーんっているのも気持ち悪いですが、
小さな虫がわんさかいるのは本当に気持ちが悪く手が出せません。

この時は母が処理してくれました。
母は強し・・・。

栗は早々に処理すべし
落ちている栗を拾う時は”いる”ものと覚悟すべし、ということを学びました。

対処法

虫などがくっついている野菜をどうすればいいのか、対処法を考えてみました。

取り除く/捨てる

まずその野菜を食べたい場合はその虫を取り除かねばなりません。
もしくは、虫がついている部分をまるっと捨てるということも選択肢のひとつでしょう。

・そっと虫をティッシュなどで包んでごみ箱へ捨てる
・水で洗い流して排水溝へ(そのあと熱湯をかければBest)
・水をはったボウルに野菜を10分ほどつけておく(※しぶとい虫は取れにくいです)
・キャベツなどの場合は葉ごと屋外へ(虫よ去っていけ)

などの方法があります。

注意すべき点は、虫が大物だけではなく葉物などの裏に虫になる前段階の”卵”として存在しているときです。
こうなっている場合は私は取り除くことは無理だと判断します。見るのも恐ろしいので、この場合は洗うことをあきらめその部分を捨て去ります。農家の皆さんごめんなさい。

ティッシュで包んだ場合はごみ箱にいるという存在感を忘れなければならないので、存在自体が許せないタイプにはお勧めできません。

私は死んでしまっているなら這い出る心配がないので安心できます。
より安心のためには、ティッシュなどでくるんだ後水でティッシュを湿らすといいです。
窒息します。(南無)

洗えばOK

取り除けば食べられるという方は、
虫がいなくなったらよーく洗って食べちゃいましょう。
(気にならない猛者はそのままどうぞ)
虫は移動するので虫がいたところだけでなく野菜全体を洗うように意識します。

ボウルなどに水を入れてじゃぶじゃぶ洗うと安心ですね。
ほうれん草などの束になっている野菜は、根元の方などに虫だけでなく土などもついているので、しっかりと洗いたいところです。

加熱する

例えば茹でることによって、”熱湯消毒”という言葉で安心をすることができるでしょう。
虫はいない。
熱湯によって浄化されたのだ。

後は美味しくいただくだけです。

虫?貴重なたんぱく源だ

虫も文化が違えば貴重なたんぱく源になる食料です。
加熱、もしくは生で食べることができる方もおられるでしょう。
(※私は食べられません)

下記のリンク先(Amazon)のDVDでは、ベア・グリルスというイギリスの冒険家が過酷な環境でのサバイバル術を教えてくれます。(この他にも沢山シリーズがでている人気作です)
過酷な環境では、生きるために虫を食べる必要もあるでしょう。
ベア・グリルスさん、素早く虫を捕まえてもりもり虫を食べます。

【Amazon.co.jp限定】サバイバルゲーム MAN VS. WILD 期間限定スペシャルプライスDVD-BOXI
イギリス出身の冒険家、ベア・グリルスが過酷な環境下におかれたときのサバイバルテクニックを紹介するドキュメンタリーです。虫ももりもり食べます。

この食材は汚染されている…!

例えばキャベツやレタスなどの葉物野菜は、虫がついている部分をペロッと取り除くことが出来ます(虫の程度によります)。
しかし、構造上取り除きやすいとはいえ、虫がついていたその野菜を丸ごと捨てる方もおられるようです。
勿体ないと思いつつもその野菜を食べることができなくなってしまうのです。

場合によってはその野菜自体をその後食べられないほどのトラウマになってしまうことも…。

確かに冒頭のオクラのように中に虫が潜んでいたパターンはトラウマものです。
包丁で切ってしまった時の衝撃は半端ない…。

あ、包丁とまな板は熱湯をかけて浄化しました。

おわりに

虫が食べるということは、野菜が美味しい証拠!とよく聞きます。
虫をうまく除去する術を身につけて、美味しく野菜をいただきたいと思います。

まずは野菜をよく観察して穴が開いていないかチェックすること。
穴が開いていれば、「中に・・・いる・・・!(かもしれない)」と覚悟することが出来ます。

後はきれいに洗ったり、加熱したりすれば大丈夫。
毒を持ったもの出なければ害はない・・・はずです。

とはいえ、こないだのオクラは横に穴が開いていなかったんだけどね!
どっから入ったんだ!!

残りのオクラには潜んでいないことを心から願っています。

それではまた、もりけろでした(^^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする