各メーカーの炊飯器の保温温度をまとめました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは、もりけろです。

最近では炊飯器を使ったお料理レシピも多いですよね^^

通常の炊飯機能を使って、ケーキを焼いたり煮物を作ったり。
はたまた保温機能を使って、ローストビーフを作ったり・・・

でも、炊飯器の保温機能とヒトコトで言っても、メーカーによって保温温度が極端に異なるとしたら、料理の出来栄えにも影響してしまいそうですよね。

そこで、各メーカーの炊飯器の保温温度は一体何℃なのか、調べてみました!

 ※日立、アイリスオーヤマ、東芝は情報が公開されてなかったので、載っていません。

☆タイガー(タイガー魔法瓶株式会社)

家庭用と業務用で若干異なるようですが、約72℃をキープできます。
家庭用:約72℃
業務用:約73℃
タイガー:炊飯ジャーの保温温度は何℃?

☆シャープ

70℃±3℃(67℃~73℃)とのことです。

約70℃をキープできます。
シャープ:炊飯器の保温の温度は?

☆パナソニック

基本的には、60℃か74℃設定となっていますが、機種によって設定できる温度が異なるようです。
高機能な機種(SR-KA051等)では、60℃、62℃、72℃、74℃、76℃と細かく温度設定できます。
パナソニック:保温の温度を変更したい

☆象印

2種類の温度設定が明確で、分かりやすいです。

高め保温:約73℃
低め保温:約60℃
象印:高め保温と低め保温の温度は何℃?

☆MITSUBISHI

保温の種類が選べない機種は、一定保温(72~74℃)のみです。
低め保温:60℃
一定保温:72~74℃
MITSUBISHI:保温の温度について

★まとめ★

炊飯器の保温温度について、情報の開示がないメーカーもいくつかありましたが、
おおよその炊飯器の保温温度は、

高めの保温温度:約72~74℃
低めの保温温度:約60℃

ということが分かりました!

どちらかというと、約72~74℃が一般的な保温温度になっているようです

ぜひ炊飯器の保温機能を活用して、美味しい料理を作ってみてください♪

炊飯器の保温機能を使ったレシピはこちら!
⇒ 炊飯器で手作りローストビーフ|全部で糖質19.1 g

それではまた、もりけろでした(^^)/

最近は本当にいろんな炊飯器がありますね・・・
次はこれが欲しいなと思っています(*^-^*)

象印 IH炊飯器 極め炊き 5.5合 ブラウン NP-VN10-TA
うるつや/高め保温の2種類の保温機能があります。さらにパンやケーキを焼ける嬉しい機能付き!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする