毛玉取りブラシで、簡単お手入れ!電池不要でエコ、そして静か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは、もりけろです(^o^)

寒くなり、コートを着る機会が増えました。
ふと気が付いた時に、コートのよく擦れる部分に毛玉ができていたり、コート全体が毛玉でぼさぼさになっていた!なんてことはありませんか??
(私はあります)

コートは面積も広いので毛玉取り機でとるのも大変だし、何より、毛玉取り機だけではきれいにならないこともあります。

そんな時にオススメしたいのがこちら!

クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ
猪の毛でできた毛玉とりブラシ!専用ブラシクリーナー付きです

毛玉取りブラシです!

このブラシの毛はイノシシの毛でできていて、毛が硬くしっかりとしています。
使い方はとても簡単で、毛玉を取るようにコートを軽くブラッシングするだけ

メリット

毛玉取り機との比較ですが、

1.電池不要で経済的!

電動毛玉取り機と違い、電池が要らないので経済的です。
己の腕のみで毛玉を取り除くことができます。

2.音が静か!

音はブラッシングのわずかな音だけ。
電動毛玉取り機のような大きなモーター音も当然しませんので、夜中でも安心して使えます。

3.生地を傷めにくい
毛玉を攻めすぎて生地に穴を開けてしまうなんていうことは一切ありません。安心、安全。
ですが、あまりにもしつこくブラッシングをしすぎると、繊維が起毛してしまい、毛玉ができやすくなる可能性があるのでその点は要注意です。

デメリット

ごみ処理がちょっと面倒

電動毛玉取り機は、毛玉を取った後のゴミの処理が非常に簡単です。
毛玉取りブラシは、毛の間に取れた毛玉が絡むので、ちょっとだけ処理が面倒です。
でも、専用のブラシクリーナーが付属しているので、ブラシの毛から毛玉をぐぐっと持ち上げるような感じで取り除くことができます。面倒くささもあるのですが、ごっそり取れた毛玉のかたまりを見ると、スッキリ爽快
達成感も味わえます(*^_^*)

もしブラシクリーナーが壊れてしまったり、ブラシクリーナーでの掃除はちょっと難しいという場合は、つまようじを使うと簡単です!
ブラシの隙間につまようじを差し込んで、少しずつ持ち上げます。

この辺りは文字を見るよりも、実際にされた方がよくわかると思います!
面倒だけど面白い、そんな感じです(o^^o)

毛がかたいので、手に刺さると痛い

ひっかくように体に当たると、ちょっと痛いです。
気をつければ問題ありません(^^)/

実際に取るとこんな感じ

擦れて擦れて、ぼそぼそになってしまったコートちゃんです。
毛玉を取れば、まだまだ活躍してくれるはずです!

(クリックで拡大画像が開きます。拡大すると毛羽立ちがよくわかると思います)

この毛玉だらけのコートを、毛玉取りブラシでブラッシングしていくと…


あっという間に綺麗になりました(≧∀≦)
(クリックで拡大画像が開きます)

表面のぼそぼそ感が解消され、なめらかな見た目になったことがおわかりいただけるでしょうか!

がんばってくれた毛玉取りブラシのほうには、こんなに毛玉が絡まっています。

この黒いブラシの毛の部分にブラシクリーナーやつまようじを差し込み、毛玉を持ち上げて取り除きます。爽快です。

コートなどの大物の毛玉取りをする場合は、時々ブラシ自体の毛玉を取り除く必要がある場合もあります。毛玉の取れが悪くなってきたなと思ったら、ブラシのお手入れのタイミングです♪

おわりに

電動毛玉取り機もとっても便利なアイテムですが、毛玉取りブラシもとっても便利。
それぞれの素材やシーンで使い分ければ、面倒な毛玉取りが楽しくなってくるかもしれません♪

このブラシでコートをブラッシングするととても綺麗になるので、手放せなくなりました(^^)/

気になっている方、ぜひ一度お試しください♪

それではまた、もりけろでした。

クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ
猪の毛でできた毛玉とりブラシ!専用ブラシクリーナー付きです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする