にんにくチューブ1 cmの重さと糖質量は?測りました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは、もりけろです。

毎度にんにくチューブを使うたびに疑問に思っていました。

「にんにくチューブって、1 cmで何gなんだろう・・・?」

糖質計算するときには、ハウス食品株式会社さんのサイトを参考に、
小さじ1が約5~6g とのことなので、にんにくに換算すると糖質はこれくらいって計算していましたが、

小さじで毎回測るのは面倒だぞ!

お手軽さが売りのチューブちゃんを、もっとお手軽に使いたい!

そんな思いから、
ついに私、測りました。

☆材料(と道具)

1.にんにくチューブ
今回は、ハウス食品の「無着色 おろし生にんにく」を測定しました。

2.手ごろな定規(ちゃんと目盛があればOK)

3.ラップ

4.デジタル秤
私が使用したのは「タニタのキッチンスケール KD-192-PK」です。

こちらのキッチンスケールは、
基本は0 g単位で測定でき、必要に応じて0.1 g単位で測定できる優れもの♪
製菓や製パンをする人にはおススメの商品です。

なかなか0.1 g単位で測れる手ごろな秤って無いんですよね^^;

5.はさみ
ラップを秤のサイズに切ったりするときにあると便利

*スポンサーリンク*

☆測定方法

1.まず定規を用意し、 この定規の上にラップを重ねます。

2.定規の目盛りを頼りに、定規の上にチューブから1 cm、および2 cmのにんにくを出します。
この時、定規の目盛から少々ずれてもOKです。
値を読み取るときには、ラップごとにんにくを目盛に合わせて移動させましょう。

にんにくをチューブからちょうど2 cm出すのは難しかったですが、こんなもんでしょうということで。

直径はチューブから出した時の太さそのままです。
立体なので、真上から撮った写真では2 cmより長く見えますが、実物はおおよそ2 cmです。
ご容赦ください。
つっついたら、太さが変わってしまうので、チューブから出したそのままの太さが残るように意識しました。

3.秤の上にラップを敷き、秤の風袋をゼロにします。
今回はより正確に計り取るために0.0 g表示にしました!
…0 g表示で測ったら、1 cmも2 cmも1 gと表示されてしまったんです←)

4.0.0 g表示にした秤のラップの上へ、先ほど測ったにんにくを落とします。
ラップ離れがよく、ラップに残ることなくぽとっと落ちてくれました。

ポイントは、ラップをモニモニしたりしないこと
モニモニしてにんにくを落とそうとすると、ラップにこびり付きます。
落ちるまで静観してください。

5.数値が安定したら、重量を読み取ります。
にんにくチューブ1 cmは…0.5 g!!


そして
にんにくチューブ2 cmは……1.0 g!!


めちゃめちゃ正確に倍量測りとれていたので、1人ではしゃぎました\\٩( ‘ω’ )و //

というわけで、測定結果

にんにくチューブ1 cmは0.5 g、その糖質は0.1 g

にんにくチューブ2 cmは1.0 g、その糖質は0.2 gです!

※にんにくの糖質で計算しています。

この測定のときに絞り出したにんにくチューブは、
焼き肉のタレにして美味しくいただきました。

にんにくチューブを定規で測りとる、貴重な経験ができました(笑)

にんにくチューブを絞るときの目安になれば幸いです(*^◯^*)

次はしょうがチューブを測定したいと思います!

それではまた、もりけろでした(^^)/

*スポンサーリンク*


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする