無香料のオススメ柔軟剤はこれ!fabrush(ファブラッシュ)~香りから解放~|レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんばんは、もりけろです(^^)/

みなさんはお洗濯の時に柔軟剤を使っていますか?

私は一時期、柔軟剤の香りが強すぎると感じて使用を中止していました。
使用を中止する前に、柔軟剤の使用量を半分にしたり3分の1にしたりと工夫もしてみましたが、変わらず香りがきつすぎる…。

だけど柔軟剤を使わずにいたら、 どんどんタオルがごわごわになってしまいました。

そもそも柔軟剤にほのかな香りは合ってもいいかなとは思いますが、 重要なのは洗濯物を柔らかく仕上げてくれることです。 香りはなくてもいい…。

探し回ってようやく見つけた柔軟剤が「fabrush(ファブラッシュ)」です。
(主人が見つけてくれました!)

香りから解放

こちらが私が使用している柔軟剤、ファブラッシュです。

fabrush 柔軟剤 無香料 600 mL
㈱あらたが企画、ロケット石鹸㈱が製造している、無香料の柔軟剤です。

商品のキャッチコピーは「香りから解放」です。

ドラッグストアなどで入手できる柔軟剤の多くは 「香り」を売りにしてあるものが多く存在しています。

時間が経っても香りが残るように、 たばこや食べ物の臭いが衣服に付着しないように、工夫が施されています。

だけどその香りが辛い・・・!

そんな方にオススメなのがファブラッシュです。
無香料なので、柔軟剤独特の甘ったるい香りがありません!
まさに、「香りから解放」してくれる柔軟剤というわけです。

また、洗濯洗剤自体の香りを楽しんだり、 香水をつける方は香水自体の香りを楽しむためにもオススメです。 単体だと良い香りでも、混ざると嫌なにおいに感じてしまうことも多いので、無香料の柔軟剤を使うことで服の香りが混ざるのを防ぐことが出来ます。

ファブラッシュには無香料の洗濯洗剤もありますので、こちらと合わせて使用することでより一層 無香料を楽しめます

使用量と使用感

製品写真 表面

裏面(クリックで拡大画像が開きます)

使用感

洗濯直後、洗濯物がまだ濡れている段階では少し独特の香りがしますが、 乾いてしまえばその香りはなくなります。 (※私は洗濯洗剤にファブラッシュの液体洗剤を使用しています。(後述しています))

初めて使った時は、こんなにいいものがあるなんて!と感動しました。
あの甘ったるい強い香りで頭痛になることがなくなりました

注ぎ口はこのような形状になっています。

傾けすぎると反対側の開いた部分から液が出てきてしまいますが、 気を付けていれば問題ありません
一方で、液を出し過ぎたときに戻しやすいという利点もあります。

注ぎ口はボトルに対して真横ではなく、若干斜めに向いています。
私はボトルを左手、キャップを右手に持って注いでいたので 「すこーし使いにくいなぁー。なんで斜めなんだ」と思っていたのですが、 逆にしたら入れやすくなりました( ゚Д゚)持つの逆だった?

右手にボトル、左手にキャップを持つことを 想定して作られたのかもしれません。

今までなんとも思わず左手にボトルを持って使い続けた結果、 この持ち方に慣れたので、今は違和感なく注げます。笑

使用量

使用量の目安は洗濯水量60 Lに対して、20 mLです。

製品本体の内容量が600 mLの場合、 一回の洗濯が60 L、使用量が20 mLだとすると、 30回使用できると思われます。(あくまで計算上)

毎日1回だけお洗濯をする方は、約1か月程度使えると思います。

タオルはどうなった?

しばらく柔軟剤を使わない間にごわごわになっていたタオルですが、 ファブラッシュを使い始めてから柔らかさを取り戻しました

ふわっふわなタオルではないなとは思いますが、 これは私が使用しているタオルの厚み等の問題だと思います。 頂きものの今治のタオルは柔らかさを維持しています。

顔や体を拭いても痛くありませんので、 十分に柔軟剤の効果を発揮してくれていると感じています。

ファブラッシュ洗濯洗剤について

ファブラッシュには柔軟剤とともに、 洗濯用洗剤も販売されています。

fabrash 衣料用液体洗剤 無香料 1 kg
㈱あらたが企画、ロケット石鹸㈱が製造している、無香料の衣類用液体洗剤です。

こちらも「香りから解放」をキャッチコピーとしており、 無香料の洗濯洗剤であることが特徴です。

ファブラッシュの柔軟剤とセットで使えば香りをつけずに洗濯することができます

また、無香料であることを活かして ファブラッシュ以外の柔軟剤の香りを純粋に楽しむこともできると思います。
組み合わせ次第で、好みの香りのお洗濯に仕上げることが出来るのではないでしょうか♪

こちらの洗剤は、1 kg入っていますので少々重めですが、 持ちやすくなるように持ち手がついています。

製品写真 表面

裏面(クリックで拡大画像が開きます)

注ぎ口は柔軟剤と同様の作りになっています。

使用量

使用量については、 製品裏には60 L当たりの使用量が書いていませんが、 その他の使用量を元に計算すると
洗濯水量60 Lに対し、40 mL使用すればいいことがわかります。

一回の洗濯が60 L、使用量が40 mLだとすると
(あくまで計算上は)25回分使用できます。

おわりに

残念ながら私の近所のドラッグストアやスーパーでは取り扱われていないので、私はAmazonでまとめ買いをしています。

普通の柔軟剤は香りがきつくて苦手だけど柔軟剤は使いたい方、
香水などの香りを純粋に楽しみたい方、
お気に入りの柔軟剤はあるけど洗濯洗剤の香りが邪魔な方・・・etc

ぜひファブラッシュシリーズを使って、香りから解放されてみてください(*^_^*)

それではまた、もりけろでした(^^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする