CGCのいりごま(白)の原産地を電話で問い合わせました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、もりけろです。

ごまは色々な料理に薬味として使用したり、ごまドレッシングにしたりと、独特の味がありますがとっても美味しいですよね。更に栄養豊富~なのでよく使うのですが、私がよく食べているのはCGCジャパンさんのいりごま(白)です。

こちら

食べるときには100円均一で買ったすりごま機(?)でスリスリしてから食べています。ごまは表皮がかたいため、そのまま食べるとそのまま出てきちゃうことがあるそうな・・・。

このCGCさんのいりごまですが、ごますりするととーってもいい香りがします。香ばしくて「おおっ」ってなる感じ。とても美味しいんだけれど、裏に産地が書いていないからちょっと不安・・・ってことでCGCお客様相談室に電話で問い合わせました!

ごまの産地

本当に香りと味はお勧めなのですが・・・
1点不安なのは産地が書いていないことです。

日本ではごまの生産量がとても少ないため、日本で使用されているごまの99.9%は輸入に頼っているのだそうです。

日本で使用されるゴマは、その99.9%を輸入に頼っている。

Wikipedia ごま より)

そしてその生産量のデータを見てみると、これらの国が生産量Top10に入っていました。

・タンザニア
・インド
・スーダン
・中国
・ミャンマー
・ナイジェリア
・ブルキナファソ
・エチオピア
・チャド
・南スーダン

(参考:Food and Agriculture Organization of the United Nations(2014年): Crops Item Sesami seed

うーん・・・中国産はやっぱり避けたい・・・

問い合わせた結果

インターネットでいりごま(白)の産地情報を探したのですが、残念ながらHP上には掲載されていませんでした。ごまは時期によっても産地が変わることがあるからなのかしら…?

どきどきしながらも電話で問い合わせてみたところ、

製品ごとの賞味期限によって使われているごまの産地が違うとのことで、まず賞味期限をお伝えしました。するとあっという間に調べて産地を教えてくれました!私が今手元に持っている製品は「ナイジェリアとモザンピーク」が産地とのことでした。産地が分かると安心して食べることが出来ますね。

他の時期を含め、おおよそ下記地域のごまが使われているそうです。

・中央アメリカ
・アフリカ
・南アメリカ

そして、さらに気になっていた「中国産や韓国産のごまは使われていないのか」について伺ってみると、それらは「使用していない」とのことでした。やった!とりあえず安心!

おわりに

今後、気候の変動などで使われているごまの原産地が変わることもあるかもしれませんが、現在使用されているごまは上記の通りです。

今お手元にあるごまの産地が気になった方は、ぜひお客様相談室に問い合わせてみてください。係りの方が丁寧に教えてくれますよ^^

それではまた、もりけろでした(^^)/

当記事は「CGCジャパンのいりごま(白)」の原産地を問い合わせた結果を掲載していますが、その原産地を保証するものではありません。正確な情報を知りたい方は、CGCジャパンお客様相談室までお問い合わせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする