500円玉貯金でお金は貯まる?貯まらない?!実際に500円玉貯金で10万円貯めました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、もりけろです。

私が働いていた職場の奥様方は500円玉貯金をしている人が数人いました。
お話を伺ってみると500円玉貯金を車検の費用にしたり、旅行の資金にしたりとその用途は様々でしたが、「結構貯まるよ」と聞いた私も実践してみることにしました(^^)/

期間は正確ではありませんが、1年ほどで貯めたと思います。
貯めた金額は11万円2000円!

500円玉貯金の方法や貯まった後はどうするか、500円玉貯金をしてみた感想などについて書いていきます。

500円玉貯金をする方法

貯金箱を決める

500円玉貯金をするにあたって、まずお気に入りの貯金箱を入手します。
100円均一などで販売されている貯金箱には、10万円貯まる/100万円貯まる等、貯金箱いっぱいまで500円玉を貯めればどのくらいの金額が貯まるか分かりやすいものがあります。目盛がついていてどの位貯まったか一目でわかる貯金箱もあります。私が購入したものは「10万円貯まります」と書いてあったと思います。

”貯金箱”という形ではなくても、可愛らしいお菓子の缶などに詰めてもいいですね♪

ただし取り出しやすい形にすると金欠の時に魔が差してしまう可能性があるので、”決して目標に到達するまでお金は取り出さない”という意思が必要です。取り出すために破壊や一工夫が必要なタイプであれば、途中でお金を取り出してしまう心配は少ないと思います。

また、貯金箱で貯金をしていくと途中で一体いくら貯まったのか気になってくることがあると思います。その時のためにあらかじめ空の状態で貯金箱の重さを測ってメモしておくとよいでしょう。後から重さを元におおよその目安金額を計算することができます。

500円玉を貯める

貯金箱の準備が出来たら、いよいよ手に入れた500円玉をどんどんと貯金箱に溜めていきます。
お買い物をするときに500円玉が発生するようなお金の払い方をすることで、効率的に500円玉を入手することができます。また、瞬時にどうすれば500円玉を手に入れられるか?!という計算が必要になるので、頭の体操にもいいと思います。計算をうっかり失敗してしまい、変な金額を出して微妙な金額のおつりを返してもらうこともありましたが…。

500円玉を使わないようにすると、どんどんとお札を崩す必要が出てきます。お財布は500円玉で重たいのに、使っていいのはお札とその他の小銭だけ…。あっという間にお財布が空になると感じました。使えるお札が無くなれば銀行からおろすしかありませんので、通帳に記載されている残高はどんどん減っていきます…。減っていく通帳残高を見るとお金を使うことに対してブレーキがかかります。おそらくこれが節約につながるのでしょう。

あぁ…貯まっているのか減っているのか…。

気を取り直して持ち帰った500円玉をせっせと貯金箱に入れます
貯金箱の重さが増えてきたリ、透けているタイプであれば中身が見えるので、確実に500円玉が増えてきているという満足感を得ることができます。

貯まってきた・・・!(ニヤリ

貯金箱の中身をざっと知る方法

ちなみに500円玉は新硬貨の場合は7.0 gですが、旧硬貨の場合は7.2 gとのことです。500円玉に使われている素材が違うため重さが違うのですね。おおよそ1枚7 g、もしくは7.1 gとして計算すれば、今現在いくら貯まっているかの目安を計算できます。

(参考:Wikipedia>五百円硬貨

例えば貯金箱の空重量が300 g、現在の重量が545 gになっていたとすると下図のように計算することでおおよその金額を知ることができます。あくまでざっと知る方法なので綺麗に割り切れずに小数点がつくこともあると思います。実際には数えてみないことには正確な金額はわかりませんが、この方法でおおよそいくら貯まったかを知って、ニヤッとすることができます。

貯金箱がいっぱいになったら

取り出す

貯金箱の中身がいっぱいになったら、いよいよ開封して中身を取り出します。
もちろん、箱の中に貯めたまま一緒に寝たりしてもOKですよ。

中身を取り出したい場合、缶タイプであれば缶切りを使って開ければ取り出せます。プラスチックタイプであれば、破片が飛び散るので気を付けて叩き割るという方法があります。この時、新聞紙や布などに包むと飛び散りをある程度防ぐことが出来ます。床に叩きつけたりして割る方法は床や自分にダメージがあることがあるので十分に注意してください。お外のアスファルトでも同じです。十分に安全に配慮して取り出しましょう。
取り出しやすさを考えた場合は、やはりお菓子の缶などに貯めておけばすぐに取り出すことができるので簡単ですね。

さて、貯金箱を破壊せずに中からお金を取り出したい場合は少しコツが必要です。
ただし、貯金箱の中でお金が動かせないほど満タンになってしまったものは、この方法でお金を取り出すのは難しいと思います。更に、お金の投入口の高さがピッタリ500円玉サイズで余裕がない場合はこの方法では取り出せないと思われますのでご注意ください。それから、時間と根気が必要です。

この方法の利点は
「お気に入りの貯金箱を壊さずお金を取り出せる」ということです。
壊した貯金箱の後片付けをしなくてもいい、新しい貯金箱を用意しなくてもいいなどの利点もあります。

↓実際に取り出しているときに撮った写真です。
こんな感じで取り出します。中に板を落としてはいけない・・・!

ちなみに私は根気が足りなかったので、チマチマした作業が得意な妹と母に取り出してもらいました(感謝)

数える

取り出した500円玉の枚数を数えましょう。
数えなくても銀行に持って行けば機械で数えてくれますが、自分の予想枚数と機械の測定枚数が大幅に違うとショックを受けますのであらかじめ枚数を数えておくといいと思います。写真も撮っておくと安心感と満足感がUPします。

↓私が実際に貯めた500円玉の写真です♪

縦に10枚ずつ積んだものが22と、バラで4枚あります。
総額112,000円・・・!頑張った!!

両替

取り出した後は500円玉はそのまま使ってもいいですが、例えば車検の時などに10万円近くの金額を500円玉で支払ったら嫌がられると思います。その前に拒否されると思いますが…。
ですので、一旦両替をする方が好ましいです。

しかし、銀行窓口や郵便局の窓口で両替依頼をすると手数料がかかってしまいます手数料をかけずに500円玉を両替するには、銀行口座に入金すればOKです。銀行窓口へ持って行き、入金したい旨を伝えれば銀行員さんが機械で500円玉の枚数を数えてくれます。そしてその金額を確認してOKすれば無事入金完了です。その後は窓口で再び引き出すかATMで引き出せば、お札を入手することができます。

せっかく貯めた500円玉が手数料で減ってしまったら悲しいので、この方法をオススメします。

また、ATMから入金する方法もありますが、1枚ずつしか入れられなかったり、一度に100枚までしか入れられなかったり、そもそも硬貨を入金する機能がないATMもありますので窓口へ持って行った方が確実です。

パーッと使う?貯める?

さぁ、頑張って貯めたお金はアナタのもの!
何に使うかは自由です。旅行に行ってもいいし、美味しいものを食べてもいいし、そのまま貯金してもいいし、新たな貯金箱を入手してもOK。夢が広がります。

ちなみに私は、旅行の資金にいたしました。
すっごく楽しかったです

おわりに/感想

500円玉貯金をした感想としては、
満足感が得られるし、貯まっているなと実感できるので面白いものではありました。500円玉を意図的に得られるようにお金を出したりするのも楽しかったです。

ただし、お金をじゃんじゃん使っている感覚になります。もちろんお金は使わないように節約は心がけるのですが、必要なものは買いますし、そのたびに500円玉を求めてしまいます。

あらかじめお給料日に2万円などと金額を決めて貯金用口座にうつす方が確実に貯まる と思いました。1年間毎月2万円貯めたとすると2万円×12か月で24万円貯まりますから・・・私が500円玉貯金で貯めた金額の倍は確実に貯まっていることになります( ゚Д゚)ハッ
※お買い物をする機会の多い方は、私よりも多く500円玉貯金で貯められると思います。

というわけで、私はこの1回だけで500円玉貯金はやめてしまいました!だけど生きているうちに1回はしてみたいなと思っていたので、してみてよかったと感じています。悔いはない…!

素敵な貯金箱と出会ったら500円玉に限らず貯金をすると楽しそうです^^

それではまた、もりけろでした(^^)/

Aoakua 鍵付きBOX アクリル貯金箱 募金箱 チャリティーBOX W90mm クリア
鍵付きのアクリル製貯金箱です。募金箱としても使えるので投入口が大きく、お金も取り出しやすくて便利な構造です。外から中身が見えるのがいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする