油揚げde餃子♪|全部で糖質 5.0 g!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、もりけろです。

私は餃子が大好きなのですが・・・
餃子の皮って糖質が多いので、頻繁には食べることができません(*_*;
餃子の皮1枚6 g当たり、なんと3.3 gもの糖質が含まれています!)

餃子は白菜の大量消費に便利な上、美味しいのに・・・!
キャベツで作る方も多いですよね(^^)/

そんなこんなで今日は、皮の代用として油揚げを使用した油揚げ餃子の作り方をご紹介します!!(^◇^)

寿司用の油揚げを使った場合、12個できます。

材料 全部で糖質5.0 g|1個当たり糖質 0.4 g

・豚ひき肉・・・250 g(糖質 0.3 g)
・白菜・・・150 g(糖質 2.9 g)キャベツでもOK
・ニラ・・・30 g(糖質 0.4 g)
・油揚げ(寿司用が便利)・・・6枚(約200 g)(糖質 0.0 g)
・創味シャンタン・・・小さじ1(糖質 0.7 g)
・醤油・・・小さじ1.2(糖質 0.3 g)
・にんにくチューブ・・・3 cm(糖質 0.3 g)
・しょうがチューブ・・・3 cm(糖質 0.1 g)

しいたけなどキノコ類を入れるとボリュームと風味UP^^
栄養価も上がって美味しいです♪

寿司用の油揚げはこんな感じで、いなり寿司によさそうなサイズのものです(^◇^)
(通常の半分サイズになっています)

もちろん大きいサイズで作ってもOKです!

作り方

1.白菜、ニラをみじん切りにする。

 

2.ボウルに「油揚げ以外」の全ての材料を入れ、粘りがでるまでよくこねる。


3.油揚げの油抜きをする。

お好みの方法で油抜きをしてください♪
油抜きをした方が、胃もたれしにくいです(^^)/

ちなみに私は 重ねられるボウルとザルのボウルの方に油揚げをいれて熱湯をかけ、ザルで上からぎゅーっと押さえて油抜きをしました
水も切れるし油抜きもできるので一石二鳥です♪

4.油揚げを半分に切り、破かないように注意しながら開く。

ぶ厚めの油揚げなら、包丁で少し切り込みを入れると開きやすくなります♪
少々破けちゃっても、肉だねを包むことができれば大丈夫ですよ(*^^)v

5.先ほど作った肉だねを、油揚げの中に詰める。

油揚げを破かないようにぎゅっぎゅっと詰めてください。
お肉の量はお好みで加減してください(^^)/

※写真は油揚げ7枚分、豚ミンチ300 gにして作った際にできた量です

6.熱したフライパンに並べ、水50 mL程度(分量外)を入れて蒸し焼きにする。

火が通る前に水が無くなってしまったら、また少し水を足してみてください。

7.火が通ったら蓋を外して水分を飛ばし、美味しそうな焦げ目がつくまで焼いたら完成☆

ごま油の香りが欲しい方は、餃子を焼くときのようにフライパンに垂らして焼いてみてください♪

お好みで、ポン酢をつけて召し上がれ♪
酢醤油(酢と醤油1:1)で食べてもOK!

お肉たっぷりなので、結構お腹が膨れます(^^)/
餃子だったら10個なんてペロッと食べてしまいますが、
他のおかずもあったので私は5個が限界でした^^;

主人は美味しいって、たくさん食べてくれましたよ~~♪

ぜひお試しください♪
(中華スープに入れても美味しそうだなっと思っています♪)

それではまた、もりけろでした(^◇^)

*スポンサーリンク*

創味シャンタン デラックス 500g【楽天24】【あす楽対応】[創味 スープの素(中華スープ)]【HOF13】【MEN_K02】

価格:880円
(2017/2/6 21:16時点)
感想(70件)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする